免疫力

このページでは、免疫力を向上させると評判の「エキナセア」の効果について解説します。

エキナセアが私たちの免疫力を上げるしくみ

エキナセアというハーブは、もともと北米の先住民(ネイティブアメリカン)によって発見され、愛用されてきたキク科のメディカル・ハーブです。

彼らはエキナセアを乾燥させて粉にし、蛇にかまれた傷や熱病、歯痛などの治療に使ってきました。

エキナセアはメディカル・ハーブの中でも人気の高いハーブですが、もっとも注目されている効果は「免疫力を上げる」ことだと思われます。

では、そもそも、私たちの免疫力とは何でしょう?

ひと言でいえば文字通り、「疫(病気)をまぬかれる事」で、免疫力がなければ私たちは生きていけません。免疫力とは自然治癒力とも同義です。

私たちの体内に侵入してきた病原菌や変質してしまった細胞は、私たちの体の持つちからで攻撃・排除され、健康を保ちます。これが体の持つ免疫力です。

この免疫のしくみを司っているのが、白血球のマクロファージ、リンパ球、顆粒球(るいじょうきゅう)などのような免疫細胞です。

白血球のマクロファージは、リンパ球や、類粒球(るいじょうきゅう)などと力を合わせ、さまざまな「自己ではないもの」と戦う、免疫力の司令塔です。

このマクロファージの活動が弱ってしまうと、人間の体内の免疫力は一気に落ち、病気に勝てなくなります。

エキナセアは、マクロファージやリンパ球などの増殖を助けその活動を活発化させると言われています。

これは、エキナセアに含まれる多糖類や糖たんぱく質、揮発油フラボノイド類が作用していると考えられています。

これが、エキナセアが私たちの免疫力を上げてくれるしくみです。

さらに免疫力を上げるには

エキナセアの摂取によって、体の免疫力を底上げすることは非常に有意義です。

しかし、いくらエキナセアで免疫力を高めても、日頃から免疫力を維持する生活を意識しなければなりません。

免疫力を高めるには、適度な運動、良質の睡眠、ストレス解消などの生活習慣が大切です。また、笑うことや体温をあげることも免疫力を上げるのに有効という調査報告もあります。